AOJの問題を集めてみました。


ITP1_1_D 時計

秒を時間(h:m:s)に変換する問題です。

除算(割り算)、剰余算(あまり)の計算をうまく使います。


ITP1_2_D 長方形の中の円

長方形の中に円が含まれるかを判定する問題です。

幾何学的な問題ですが、落ち着いて考えるとシンプルに解くことができます。

if文を組み合わせて判定します。

「かつ」は「&&」、「または」は「||」です。

例:if ( n % 2 == 0 || n % 3 == 0 ) { // 2で割り切れるか、3で割り切れる


ITP1_3_C 2つの数の交換

2つの数を比較し、小さい順に出力する問題です。

「0 0」で終了するためのコードを示しておきます。

int main() {
    int x, y;
    while(1) {
        scanf("%d %d", &x, &y);
        if(x == 0 && y == 0) {
            break;
        }

        // 処理
    }
    return 0;
}


ITP1_4_C 単純計算器

a op b を計算する問題です。

int型(整数)の変数2つ(a, b)と、char型(文字)の変数1つ(op)を用意し、opに合わせて出力をします。

入力は、

C言語:scanf("%d %c %d", &a, &op, &b);

C++:cin >> a >> op >> b;

とします。あとは、if文で

if(op == '+') {
    //処理
} else if ...

としてあげればOKですね。


ITP1_6_C 公舎

公舎の入居者数を管理する問題です。

三次元配列を使用するため、難しい問題になっています。

チャレンジしてみてください。


0003 正三角形

三角形が直角三角形であるかを判定する問題です。

直角三角形になるにはどうなっていることが必要かを考えます。


※間違い等ありましたらコメントお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です